子どもの肌トラブルを解決してくれる皮膚科を杉並区で探そう

虫さされ

このページでは、虫さされの症状の特徴や原因、具体的な治療方法について説明しています。

虫さされの特徴

昆虫の吸血による皮膚病を「虫刺症(虫さされ)」といいます。虫が刺した箇所からかゆい淡紅色や紅色の丘疹ができるのが特徴。じんましんのように広範囲に反応が起きることもあります。

小さな子どもは症状が出るまで24時間ほどかかり、激しく反応が出る場合も。ひどい時は水ぶくれになることもあります。

かゆいからといってかき崩すと細菌に感染する可能性があるので注意が必要。ハチやブヨに刺された場合は、ショック症状を起こすこともありますから、早めに皮膚科で診てもらったほうがいいでしょう。

おもな原因

今の日本では、虫刺されといえば蚊やダニが一番多い原因。また、ネコノミやイエノミといったペットや野良猫についているノミに刺される人も多いようです。

公園や庭の木についている蛾の幼虫などの毛虫の毒張りに刺されると、数ヶ所発症することも。海や山に行くと、ブユに刺されることもめずらしくありません。

治療の方法

原因となる虫の種類によって治療法が異なるので、原因を特定することが第一。ただ、治療の中心は塗り薬となります。

蚊・ダニ・ノミが原因ならば、かゆみ止めの軟膏を塗ってかき崩さないようにします。刺された箇所をかかないようにすることが重要なので初期は薬を塗る回数を多めにして、それでも我慢ができないようならば通気性の良いガーゼや包帯で覆います。蚊取りグッズを使ったり掃除をこまめにするなど、環境面を整えることも大切です。

ハチやブヨに刺された場合は、患部に針が残っていないか確認し、残っていたらピンセットで抜きます。小さければセロテープに付着させて抜きます。そして毒液を口で吸い出し、傷口を水で洗い流します。その後、かゆみ止めの軟膏を塗りましょう。かゆみが引かない場合は氷嚢などで冷やします。

刺し口はかいた傷から細菌が繁殖しやすいので、石鹸でよく洗い、乾いたらすぐに薬を塗ることが大切。腫れている場合は冷やして炎症を抑えます。かゆみが強い場合は、抗ヒスタミン剤を内服したほうがいいでしょう。

ハチに刺されてショック症状を起こしたり、なかなか治らずしこりになってしまった場合は、皮膚科の専門医に相談してください。

Copyright (C) 小さなお子さんでも安心して診てもらえる 杉並区(荻窪・西荻)の皮膚科ガイド All Rights Reserved.