子どもの肌トラブルを解決してくれる皮膚科を杉並区で探そう

あせも

このページでは、あせもの症状の特徴や原因、具体的な治療方法について説明しています。

あせもの特徴

首や関節の内側、腹部や背中、脇の下などにできる細かく赤い湿疹があせも。赤いあせもは幼い子どもや赤ちゃんによくできます。かゆみがあるため、なかなか寝付けなくなってしまいます

肌を掻き崩していくうちに、黄色ブドウ球菌に感染して化膿する「あせものより」というおできができることも。

おもな原因

汗腺が塞がれることが原因。汗腺は大人も子どもも、全身に200万個ほどあります。体表面積の少ない子どものほうが密に汗腺が集まるため、赤ちゃんほどあせもができやすくなるのです。

かいた汗をそのままにしておくと汗の出る穴が汚れで詰まり、発疹ができます。初めは白いポツポツですが、やがて赤く、細かくなります。この白いあせもは皮膚の一番外側の角層の中に汗が溜まるとでき、赤いあせもは角質のさらに下に汗が溜まるとできるものです。

治療の方法

まず高温多湿な環境を改善する必要があります。エアコンを使用したり部屋の風通しをよくし、大量の汗をかかせないように配慮。汗をかいた時は冷たいタオルで拭き取ったり、こまめにシャワーや着替えをさせ、とにかく清潔な状態をキープします。裸に近い格好にするよりも薄手の綿素材の肌着のほうが汗を吸収します。軽いあせもであればこれだけで治ります。

しかし炎症をともない、かゆみがあるような場合は病院へ行き医者に相談しましょう。処方された塗り薬を、清潔にした肌に薄く塗っていきます。マイルドなステロイド外用剤か、非ステロイド剤を塗って炎症を抑えるか、あるいは亜鉛華軟膏で肌表面を乾燥させます。

注意したいのは、あせもは夏だけでなく一年中できるということ。特に冬でも赤ちゃんは汗をかきやすいので、厚着をしたり暖房を効かせすぎたりすると汗をかいてあせもになることもあります。大切なのは、汗を拭き取ったり洗い流したりして、皮膚の清潔を保つことです

Copyright (C) 小さなお子さんでも安心して診てもらえる 杉並区(荻窪・西荻)の皮膚科ガイド All Rights Reserved.