子どもの肌トラブルを解決してくれる皮膚科を杉並区で探そう

湿疹

このページでは、小児湿疹の症状の特徴や原因、具体的な治療方法について説明しています。

小児湿疹の特徴

湿疹は子どもによくある皮膚疾患です。成長過程によってさまざまな種類の病名が付きますが、おもな特徴としては、肌の表面にできる炎症やかゆみ。小さな水疱や膿疱がたくさんでき、まだらに赤くなります

さまざまな症状が起こりますが、ジクジクするのが共通点。接触性皮膚炎、アトピー性皮膚炎、脂漏性湿疹が子どもに多く見られる症状です。

おもな原因

原因として、まずアトピーが挙げられます。ほこり・花粉・動物の毛・食べ物などがアレルゲンとなり、アレルギーの症状として湿疹が引き起こされます

次に多いのは、皮脂の異常。皮膚はもともと皮脂という脂肪を分泌して皮脂膜を作り、外界の有害な物質を防ぎ、体内の水分が失われないようにしています。子どもや赤ちゃんはこの皮脂の分泌が不安定なので皮脂が増えたり、減ったりして、湿疹ができやすい状態になっているのです。

さらに多汗も湿疹の大きな原因です。汗は皮脂と合わさることで皮脂膜を酸性にし、様々な化学物質や物理的刺激から皮膚を保護し、病原菌の増殖を防いでいます。しかし、子どもや赤ちゃんは汗腺の数に比べて表面積が小さく、汗をかきやすいため湿疹ができやすいのです。

治療の方法

おもな治療は、塗り薬を塗ること、日常的なスキンケアの2点です。

塗り薬は、皮膚の炎症やかゆみを抑えるものを塗ります。ここで注意したいのは、自己判断で市販の塗り薬を塗ってはいけません。誤って子どもの症状に合わない薬を使ってしまい、悪化させるというのはよくある話。きちんと病院へ行き、医師から処方された薬を使いましょう。塗るタイミングも、風呂上りなどの清潔な状態がベスト。

保湿剤として、ワセリンやベビーオイルの利用もおすすめです。肌が汚れているとかゆみが増すので、ぬるめの湯やシャワーを浴び、低刺激性の石鹸をよく泡立て肌を撫でるように洗いましょう。

湿疹は一見治ったかのように見えて、何度も再発するもの。根気よく塗り薬や保湿ケアを続けることが大切です。

Copyright (C) 小さなお子さんでも安心して診てもらえる 杉並区(荻窪・西荻)の皮膚科ガイド All Rights Reserved.