子どもの肌トラブルを解決してくれる皮膚科を杉並区で探そう

小児アトピー

このページでは、小児アトピーの症状の特徴や原因、具体的な治療方法について説明しています。

小児アトピーの特徴

乾燥して粉をふいたようなザラザラとした皮膚になってしまいます。また、顔や耳の前後、耳たぶの下、首や関節の内側と外側に赤いカサカサやブツブツができ、強いかゆみが起こります。赤ちゃんや子どもが掻き崩してしまうとジクジクすることもあります。

ジュクジュクとした汁が出てかさぶたができたり、切れたりすることも。それを繰り返していくうちに皮膚はゴワゴワして厚くなり、硬いしこりができたりします。ほかに頭皮の乾燥による湿疹手足の肌荒れ、肩から背中にかけて乾燥性湿疹ができることもあります。

夏場の症状は軽く、冬に悪化するという人もいるようです。

おもな原因

遺伝的な要因がほとんど。祖父母や両親、兄弟姉妹といった親戚にアレルギー性の病気があったりアレルギー体質の場合、アトピー体質があるといえます。

ただ、遺伝的な要素が大きいとはいえ必ずしもそれが原因とはかぎりません。乳幼児の場合は食事との関係が深いと考えられますが、年齢が上がってからはダニやハウスダスト、煙草の煙などの環境的要因も大きく関わってくるからです。

原因がよくわからないケースも多いようですので、まずは医師への相談から始めましょう。

治療の方法

皮膚に直接塗って治す塗り薬が治療に一番適しています。症状が軽ければ保湿剤を塗るだけでも徐々によくなることも。炎症が起きたらステロイドの入った塗り薬を使います。炎症を早く鎮め、その後に保湿を中心としたスキンケアに切り替えていきましょう。皮膚を清潔に保つことは大前提

皮膚の症状を抑えるために、抗アレルギー剤や抗ヒスタミン剤を内服することもあります。かゆい部分をかいてしまって傷を作ったり炎症を起こしたら大変ですので、子どもの爪は短く切っておくのもポイントです。

飲み薬や塗り薬については、ともに医師の指示と用法用量をよく守った上で利用してください。自己流であったり、親戚や知人の言うことを鵜呑みにするのはやめましょう。

予防としては毎日皮膚を清潔にし、保湿ケアをこまめに行うことが大切です。なるべくシャンプーや石鹸は低刺激のものを選び、ハウスダストやダニが出にくい環境作りに努めましょう。早寝早起きなど規則正しい生活も有効です。

Copyright (C) 小さなお子さんでも安心して診てもらえる 杉並区(荻窪・西荻)の皮膚科ガイド All Rights Reserved.