子どもの肌トラブルを解決してくれる皮膚科を杉並区で探そう

アレルギー

このページでは、アレルギーの症状の特徴や原因、具体的な治療方法について説明しています。

アレルギーの特徴

身体が特定の物質に触れた際に、通常の範囲を超えて過敏に反応してしまうことをアレルギーといいます。

さまざまな症状が現れる疾患で、アレルギー性鼻炎・花粉症・アトピー性皮膚炎・じんましん・気管支ぜんそくと呼ばれる病気につながってしまいます。そばアレルギーなどは、命に関わるショック状態を引き起こすことも。

おもな原因

アレルギーを引き起こす原因をアレルゲン(抗原)といいます。牛乳や鶏卵、そばといった食品、洗剤や薬剤に含まれる化学物質、アンチピリン、サルファ剤のような薬品、家の中のホコリ・カビ・ペットの毛、化学繊維や羊毛の衣類、花粉、汚れた空気など、実に多種多様なアレルゲンがあります。自然界に存在するほとんどすべてのものが、人によってはアレルゲンになる可能性があるのです。

アレルギーの原因には個人差があります。同じ特定の物質に触れてもアレルギーになる子どももいれば、ならない子どももいます。また、同じアレルゲンを持っていてもアレルギー性胃腸炎になったり、じんましんになったりと、発症する病気・症状もさまざま。かかりやすい体質の人に多く起こり、遺伝的な影響が強いといわれています。

治療の方法

できるかぎりアレルゲンを排除する環境を作らなければなりません。ダニやホコリがアレルゲンならば部屋の掃除をこまめにする、食物アレルギーならその食材を摂らないといった具合です。

アレルギーと言っても鼻炎や皮膚炎、ぜんそくなどさまざまな症状が出るため、それに合わせて抗ヒスタミン剤や抗アレルギー薬で症状を抑えることになります。

アレルゲンとは住居環境や大気汚染、精神的ストレスが複雑に絡み合って発生するため、検査をしても見つからない場合があります。その場合は、常日頃から栄養バランスのよい食事を摂る抵抗力を高めるために運動をするストレスを発散するために好きなことをするなど、健康的に過ごすことが何よりの予防となります。

Copyright (C) 小さなお子さんでも安心して診てもらえる 杉並区(荻窪・西荻)の皮膚科ガイド All Rights Reserved.