子どもの肌トラブルを解決してくれる皮膚科を杉並区で探そう

HOME » 【症状別】子どもの皮膚疾患まとめ

【症状別】子どもの皮膚疾患まとめ

このカテゴリでは、子どもによくみられる皮膚疾患について、症状別に原因や治療方法をまとめています。

子どもが罹りやすい皮膚疾患とは

昨日まで元気だった子どもの肌に突然異変が起こったら…。お母さんやお父さんが混乱してしまわないために、このページでは代表的な疾患とともに、その疾患についてこれだけは知ってほしいこと、家庭でできること、気を付けるべきことなどをまとめました。

小児アトピー

アトピー素因を持っている赤ちゃん・子どもに出てくるかゆみの強い湿疹です。全身のあらゆる箇所に生じ、慢性化することが特徴です。アレルゲンは複雑に組み合わさって起こることもあり、原因がよくわからないことも多いようです。

小児アトピーについて詳しく>>

じんましん

蚊に刺された時のような、もこもことした盛り上がりが皮膚にできます。かゆみが強く、形も大きさも色々です。急にできますが、大抵は1時間程度で消えてしまうという特徴があります。原因はさまざまで、思い当たることがないか確認する必要があります。

子どものじんましんについて詳しく>>

アレルギー

人体にアレルギーを引き起こす物質「アレルゲン」が入ると過剰な防衛反応を引き起こし、かゆみや発熱・発赤などの症状が出ます。さまざまな症状が現れる疾患がアレルギー性の病気で、代表的なものにアトピー性皮膚炎や気管支ぜんそくなどがあります。

子どものアレルギーについて詳しく>>

湿疹

皮膚は人間のもっとも外側にあり、外界と直接接触しているため、さまざまな物質の作用や力を受けています。そのなかで、刺激物やかぶれやすい物質にふれて起こる反応を湿疹といいます。子どもは湿疹になりやすいため、日常のケアが大切です。

小児湿疹について詳しく>>

かぶれ

かぶれというのは俗称で、正式には「接触皮膚炎」といいます。外部の刺激が直接肌に作用することで、そこに発生する湿疹の炎症を指します。原因となる刺激の除去が治療の第一となります。

子どものかぶれについて詳しく>>

あせも

あせもというのは俗称で、正式には「汗疹性湿疹」と呼びます。汗をよくかく部分にできる炎症で、夏の暑い時期、子どもに多い皮膚疾患です。大人と比べて子どもは汗をかきやすく、あせもができやすくなります。

子どものあせもについて詳しく>>

虫さされ

虫さされも皮膚疾患のうちのひとつです。吸血性の昆虫による皮膚炎は「虫刺症」といいます。原因となる虫はハチ・アブ・毛虫・ダニなどです。毛虫やハチは毒針を抜いて洗い流す、吸血性の虫の場合はかき崩さないように注意します。

子どもの虫さされについて詳しく>>

Copyright (C) 小さなお子さんでも安心して診てもらえる 杉並区(荻窪・西荻)の皮膚科ガイド All Rights Reserved.