子どもの肌トラブルを解決してくれる皮膚科を杉並区で探そう

HOME » 子どもの皮膚疾患に関するお悩み解決コラム » 家庭での対策法・薬の使い方

家庭での対策法・薬の使い方

このページでは、子どもの肌トラブルが起こった際に、家庭でできる対策についてまとめています。

清潔・保湿・早めの受診がキホンです

子どもの肌がおかしいなと思っても「この程度のポツポツなら病院に行かなくてもいいでしょ」と思い、患部に市販の薬を塗ってハイ終わり…こんな対処法をしていませんか?一時的には良くなるかもしれませんが、赤ちゃんや子どものお肌の環境をしっかり整えない限り、同じ湿疹を繰り返したり悪化したりする可能性もあるんです。ここでは、正しい対処法を知っておきましょう。

肌を清潔に保つ

子どもの肌トラブルの対策法として一番大事なのは「清潔」にすること。子どもの肌は大人よりも薄く敏感でもあるので、汗やよだれ、気候の変化などでもブツブツしたりカサカサになります。

例えば、赤ちゃんや子どもの背中に手を入れて、じっとりするようなら服を着せすぎです。背中や首の後ろにあせもはできやすいので、衣類や肌着は吸水性と通気性のいいガーゼ素材がおすすめです。もちろん汗をかいたらこまめに拭き取り、着替えさせましょう。

お風呂は肌を清潔に保つ大切な生活習慣です。汗や汚れをさっぱりと洗い流しましょう。お湯をかけるだけでは汚れはきれいに落ちません。石鹸も使ってください。特に夏は1日に1~2回、ぬるめのお風呂にいれるかシャワーを浴びたほうがいいでしょう。石鹸をよく泡立て、泡を子どもの肌に優しくなじませるように洗い、よく洗い流します。

保湿を忘れない

次に重要な対策法は「保湿」です。特に幼児期から学童期までは皮脂の分泌が少ないため乾燥肌になりがち。冬など乾燥しやすい季節は皮脂を石鹸で取りすぎてしまうこともあるので、入浴後に保湿が必要です。ただ、安易に大人用の保湿クリームを塗ってはいけません。刺激が強すぎて悪影響を与えてしまう場合があります。保湿に使うならば、刺激成分の少ない赤ちゃん・乳幼児用クリームや、病院で処方された塗り薬で保湿します。

発疹・湿疹ともに、かゆみを伴うことがあります。家庭でできる対策法として、これ以上悪化させないよう「かき崩し防止」が挙げられます。赤ちゃんや子どもは、かいちゃダメと言ってもかいてしまうもの。眠っている間、無意識に発疹のある肌をかいていることもあります。

かきむしった結果、発疹のある部分が細菌感染などして悪化してしまった…といったことにならないよう、事前に爪を短く切っておきましょう。寝ている間は、ミトンなどを付けるといった工夫もあります。

クリニックで受診する

上記2つは予防的な意味合いが強いものです。もし実際に発疹や湿疹が出た時は家庭で対処しようとはせず、なるべく早く病院を受診しましょう。発疹や湿疹とあなどっていたら、重大な病気のサインである可能性もゼロではないのです。

受診して薬が処方されたら、塗り方にも注意が必要です。薬の塗り方ひとつとっても、早く治るかどうかが左右されます。

重要なのは、医師から指示された用法容量をしっかり守り、清潔な肌の上に塗ることです。必要な期間使い続けることが症状改善に不可欠ですから、自己判断で勝手に使用を中止するのはいけません。

Copyright (C) 小さなお子さんでも安心して診てもらえる 杉並区(荻窪・西荻)の皮膚科ガイド All Rights Reserved.