子どもの肌トラブルを解決してくれる皮膚科を杉並区で探そう

HOME » 子どもの皮膚疾患に関するお悩み解決コラム

子どもの皮膚疾患に関するお悩み解決コラム

このカテゴリでは、子どもの皮膚トラブルを解決したいお母さん&お父さんのために、皮膚疾患に関するコラムを紹介します。

子どものデリケートなお肌にまつわる基礎知識

子どもの肌には「みずみずしくて、モチモチ」というイメージがありますが、実は様々な問題を抱えています。まだまだ成長過程であるため、肌の状態は常に不安定。いろんな皮膚疾患が発生しやすい環境で、皮膚トラブルの悩みが尽きないのも成長のためには仕方がないことです。肌の悩みを解決したい人向けに、ポイントをまとめてみました。

子どもの肌トラブルなぜ多い?

赤ちゃんや子どもの肌はとてもデリケート。ちょっとした刺激でも敏感に反応し、発疹ができやすいという特徴があります。新生児期、乳幼児期、学童期、それぞれの時期に起きやすい肌トラブルについてまとめました。子どもの肌トラブルが多い理由を知っておきましょう。

「子どもの肌トラブルなぜ多い?」について詳しく>>

家庭での対策法・薬の使い方

皮膚は体で一番面積の広い臓器とも言われます。体の表面にあるため、体に異常があった場合、激しい反応が現れるところでもあります。子どもの肌の異常というのは、発疹部分に薬を塗るだけで終わるものではありません。子どもを取り巻く生活環境が大きく影響しているのです。

「家庭でできる子どもの肌トラブル対策法」について詳しく>>

小児のための皮膚科選びのポイント

小さな子どもが肌トラブルを起こしたら、どの病院に行こうかと悩むお父さんお母さんも少なくありません。子どもにとって良い皮膚科に出会えれば、それだけ完治するのも早くなります。間違った皮膚科を選ばないために、子どもの皮膚科選びのポイントをまとめました。

「子どものための皮膚科選びのポイント」について詳しく>>

そもそもお肌にはどんな機能があるの?

皮膚はわずか2ミリほどの厚さしかありませんが、生命を維持するために様々な役割を持っています。代表的なものを挙げると、以下の3つがあります。

保護作用…体の表面を覆い、外部から体内の臓器を守ります。同時に、勝手に水分が出ないようにして、体内環境を一定にします。

体温調節作用…汗をかき、体内の温度を守ります。寒さや暑さに人間がある程度適応できるのはこのためです。

分泌・排除作用…皮脂を分泌して皮膚を乾燥から守り、細菌の発生を防ぎます。また発汗により体内の老廃物を排出します。

Copyright (C) 小さなお子さんでも安心して診てもらえる 杉並区(荻窪・西荻)の皮膚科ガイド All Rights Reserved.